臨床心理士なるには

臨床心理士なるには

臨床心理士になるには、ものすごくお金と時間がかかります。高校を出てまずは大学に進んで
心理学を学ばなければなりません。この時に文学部に入ったり医学部に入ってたらアウトです。
しっかり心理学を学んでおきましょう。そう考えると高校生の時点で進路をある程度決めておかないと
臨床心理士になるのは難しそうです。どうしてもなりたい人は早めに対策が必要ですね。

 

そして、大学を出たら就職してはいけません。大学院に進学するのです。大学を出ただけでは
臨床心理士の資格は取れません。公認会計士や税理士でも大学を出ればなれるのに、
大学院までいかないといけないなんて、ちょっと理不尽にも思えますが、元々そういう制度なので、
仕方ありません。

 

そしてやっと大学院を出て試験を受けて合格して初めて臨床心理士を名乗ることが出来ます。
ここまでやるのに学費も半端無くかかりますし、時間も非常にかかります。
そしてそれに対する見返りは少ないです。大卒で一部上場企業に入ったほうが余程待遇もいいでしょう。
社会人が大学を入りなおしてまで取るような資格ではありません。医学部でも費用対効果はあまり期待できないのですが、
その他の資格は言うまでもありませんね。

 

心理カウンセラー 資料請求